一人寝には、夜泣きがない、自立が早いなどの効果がある。添い寝と一人寝とどちらが良いの? | Love & Happy 恋人や家族大切な人と幸せに

記事の詳細

<スポンサーリンク>


71a84708afa4e6d945644afad17497b3_s

 

日本では「添い寝」が一般的ですが、欧米では「一人寝」が殆どだといわれています。
添い寝は、赤ちゃんと一緒に寝ることで安心感を与えることが出来る。
また、夜間の授乳が楽などのメリットがありますが、一人寝には、夜泣きがない、自立が早いなどの効果があるとも言われており、どちらが良いのか分からないというお母さんもいることでしょう。
そこで今回は、「一人寝」について着目し、そのメリット・デメリットについて解説したいと思います。

一人寝のメリット

それでは、一人寝のメリットとは何なのでしょうか?

夜泣きが少ない

実は「夜泣き」をする子供は、日本が圧倒的に多いと言われています。
欧米では「一人寝」をさせているため、赤ちゃんに昼夜の区別がつきやすく、早い段階から生活リズムを確立できるとされています。
また赤ちゃん自身も、「夜は一人で寝なくてはいけないんだ」と自然に覚えるため、夜間に泣いてお母さんを呼ぶ習慣がつき難いともいえるでしょう。

親子ともに安眠できる

そして「一人寝」の最大のメリットは親子ともに安眠できると言うことでしょう。
子供と川の字になって眠るのが夢だと言うお母さんもいますが、実際は「子供にけられて眠れなかった」「夜泣きがうるさくて睡眠不足」と言うこともあるでしょう。
親子がともに安眠するためには、ベッドを別にし、寝室を分ける事が最良なのかも知れません。

子供のペースではなく、親のペースで生活できる

そして、「一人寝」をさせることで、夫婦の時間が持てるというのも利点でしょう。
「添い寝」をしてしまうと、ついつい子供と一緒に寝てしまいがちですが。
しかし、子供が勝手に一人で寝てくれるのであれば「子供が寝た後」の時間をゆっくりと楽しむことが出来るともいえるでしょう。
昼間は子供につきっきりのお母さんもほっと一息つける。また夫婦で映画を見たりお酒を飲んだりする時間が作れるのも「一人寝」のメリットと言えます。

一人寝のデメリット

それでは、一人寝のデメリットとはなんでしょうか?
<スポンサーリンク>


ページ:

1

2

関連記事

人気ページランキング

ページ上部へ戻る